2015年4月3日金曜日

GrasmereからAmblesideへ Coffin Routeに沿って

2014年11月25日火曜日

今日はGrasmereを出発して、次の目的地 Ambleside まで、歩きます。
この道沿いには、詩人 William Wordsworth が住んだ2つの家 ダブコテージ(Dove Cottage)とライダルマウント(Rydal Mount)があります。
ダブコテージは 1799~1808年までを過ごし、ライダルマウントは 1813から1850年に80歳で亡くなるまでを過ごした家だそうです。
また、今回通ったGrasmereからRydal Mountまでの道はCoffin Route(棺の道)と呼ばれますが、その昔、Amblesideで亡くなった人の棺をGrasmereのオズワルド教会まで運んだことに由来するようです。

Rydal Mountまで

10:00頃Dove Cottageを通り、Coffin Routeを進みます。
時々Rydal Waterが下に見えます。
残念ながら、この日はちょうどRydal Mount & Gardens はお休みで中を見学することはできませんでした。
このすぐそばに、Rydal Hallという施設がありました。
とても、立派な建物と庭があり、Tea shopもあります。
調べたところ、ホテルとしても使えるし、会議場としても使えるし、いろいろなイベントなどもあるようです。
キャンプもできるようです
「クリスチャンセンター?である」とも書いてありました。
よくわからないけど、私たちはそこのTea shopでお茶をいただきました。








Amblesideに到着

Rydal Hallを過ぎると、あとは、のんびりと、羊たちの牧草地の間の道を進み、A591に出ます。
A591の脇には歩道がありますので、Amblesideまで、A591を進みます。
Grasmereに比較すると、とても大きな町です。
スーパーもあるし、山用品、おもちゃ屋、Cafe、Bar、Hotel、B&Bなどが軒を連ねています。





きょうの宿はRothay Manner

今日泊まるのはRothay Mannerというマナーホテルです。
マナーホテルというものに、泊まったことがなかったので、とても楽しみにしていました。
期待通りの素敵なホテルでした。
とても大きな部屋でゆったりすることができました。
レストランは19:00から始まるのですが、早く食べたいし、あまり、すごい量の食事も困るので、barで食べることにしました。
barでは18:00からLight Lunchがとれるというので行ってみました。
私達には、いつも、barの食事が量的にちょうどいいです。
私はLight Lunchのメニューのチキンのパテを食べました。
おいしいし、きれいだし、量もちょうどよかったです。
イギリスの人達は、これを食べた後、また、レストランで食事するんでしょうね・・・


湖水地方を歩く 目次へ

ロンドンから湖水地方へ
Grasmere湖一周
GrasmereからAmblesideへ Coffin Routeに沿って
Lily Tarn 1周 と Ambleside 散歩
AmblesideからWindermereへ湖を船で渡る

コッツウォルズを歩く目次へ
にほんブログ村 旅行ブログ イギリス旅行へ
にほんブログ村

Grasmere湖一周

2014年11月24日月曜日

今日はGrasmere湖の周りを散策します。

朝7:00に起きたらまだ真っ暗。
この季節は、明るくなるのは8:00頃です。

8:00から朝食なので、レストランへ。
セルフサービスのハム、チーズ、ヨーグルトなどと、その後の暖かいイングリッシュブレックファストとからなり、とてもおいしいです。
途中にトイレがないといけないので、少し、コーヒーをセーブ。ちょっと残念です。
実際には地図に入れましたが、トイレもちゃんとありました。



Grasmere湖へ

8:30過ぎにホテルを出発。一周しても5kmくらいのはずです。
まずは、昨日バスを降りたグラスミアの町を通って、オズワルト教会を左に見ながら進み、A591を渡るとダブコテッジです。
地図で見ていた印象と異なり、ここまで、すごく近かったです。
ダブコテッジはワーズワースが1799~1808年までを過ごした邸宅で博物館になっています。

ダブコテッジを過ぎ、少し上っていくと、途中に標識があります。No through roadと書いてある左方向に進みます。右は White Moss、Amblesideとなっています。
標識を過ぎ、水たまりのような小さな池があったら、右に下ります。

しばらく下ると、A591を渡ります。
ほんの少しA591を左に進むと川に出る道があるのでそこを入ります。
そこには、トイレもありました。
川に出るとWhite Moss Foot Bridgeです。
川は両岸とも歩けます。

川には、カヌーの人もいました。
ちょっと休憩しようと川岸に座るとカモが近づいてきたのでビスケットをあげると大喜びです。
カラスや、ロビンもビスケットをとろうとして、寄ってきました。

川はとてもきれい。
木も、いつも湿っているためか、幹が苔で緑になっていていい感じ。
なんかハリーポッターの世界みたいです。
ハリーポッターの中の自然はイギリスでは普通の風景なんですね。





Grasmere湖はとても静か

川沿いに進むと、Grasmere湖に出ました。
この湖を一周するつもりでしたが、先は自動車道を走らなければいけません。
しかも、ちょうどこの時、footpathが工事中で、もしかすると、もっと早く湖を離れて車の道に出なければいけないかもしれないため、私たちは元の道をもどることにしました。
静かな湖のほとりでお弁当を食べ、引き返すことにしました。

グラスミアの町を散策

14:30くらいには町に戻って、お土産をさがしました。
グラスミアの町はとても小さいのですが、町並みがとても素敵です。

どうしても、行ってみたかったのは、グラスミアの観光名所にもなっているジンジャーブレッドのお店 Sarah Nelson's Grasmere Gingerbread。
本当に小さい店ですが、ディスプレイがとてもすてきで、まるで、おとぎの国のお菓子屋さんのようです。
ここのジンジャーブレッドは1週間は大丈夫とのことでした。

オズワルド教会の前には Grasmere Garden という少し大きなお店があり、ここなら、いろいろなお土産がみつかります。

おもちゃ屋さんもあり、きれいな色の木のパズルを売っていたので、孫にひとつ買ってしまいました。

とにかく、街並みも、飾り付けも美しく見ていて飽きない町でした。

町も堪能したので、Swan Hotelに戻り、barで夕食です。

湖水地方を歩く 目次へ

ロンドンから湖水地方へ
Grasmere湖一周
GrasmereからAmblesideへ Coffin Routeに沿って
Lily Tarn 1周 と Ambleside 散歩
AmblesideからWindermereへ湖を船で渡る

コッツウォルズを歩く目次へ
にほんブログ村 旅行ブログ イギリス旅行へ
にほんブログ村